2012年05月11日

電子入札システムで突然入札画面に入れなくなったときの対処

印西市のお客様

 いつも懇意にしていただいている造園会社のお客様です。
電子入札システムで突然入札画面に入れなくなったということでご訪問しました。

たしかに入札画面の手前には行くのですが、認証カードを確認するところでどうしても先に進みません。

いろいろ事前にしらべてもらったところ、どうもJavaのバージョンアップが自動的にかかってしまったことが原因のようです。千葉県の場合は、Java6 Update17まででないと入札システム側が対応してないようです。

従って、Javaをアンインストールしたのち、認証局の会社から送られてきたCDの内容をすべて再インストールします。

これでうまくいくはず!

と、ところが!

ICカードのPIN番号を入力後「デバイスが使用できません」というエラーが表示されて先に進みません。

これはもう仕方ないので認証局の会社へ問合せ電話を入れました。

結論から言うと、Java Policyが古いというのが原因でした。

イントールしたCDが送付されてきてから数ヶ月後に、千葉県の入札システムが統合され、共通システムのJava Policyが変更になっていたのです。

対処としては、認証局会社のホームページから新しいものをダウンロードし、実行することで万事解決となりました。




posted by kuwata at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子入札システム設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269558356

この記事へのトラックバック