2012年10月24日

ちば電子調達システムにおける「電子入札システム」と「入札情報システム」

市原市のお客様

今回は初めてご要望をいただいた市原市の法人様です。ちば電子調達システムの「電子入札システム」には入れますが、「入札情報システム」における添付書類のダウンロード認証で引っかかるそうです。

APPLET-CRITICAL-00103804-19999

というエラーメッセージが表示されます。

事前に、お客様ご自身で県のサポート窓口やICカード発行会社のサポート窓口に連絡して相談したところ、「Javaのメモリ不足エラー」ではないか?という回答で、ネットで調べた対応方法をとってみたけれど、ダメだったとのことでした。

訪問して実地に調べてみると、なるほどこのエラーが出てきます。
これが出るパターンは、
1)さきに「電子入札システム」で認証しておく
2)その次に「入札情報システム」でダウンロード時の認証をする
というタイミングで発生してみるものでした。

Javaコンソールを表示するようにし、Javaが発生させているエラーメッセージをつぶさに確認すると、メモリ不足という内容ではなく、さきにJavaがwebサービスにアクセスしているのに、さらに二重にアクセスしようとしているのでNGだよというものでした。

これは1)→2)の順番に問題があるということですね。つまり1)で認証をすでにとっていること自体が2)で引っかかる要因になっていると。

ということで、さきに2)から入ってみます。このケースでは、認証画面がストップしてしまうように見えました。実は事前にお客様自身もこれをやってみてはいらっしゃったのですが、ストップしてしまうので、それ以上やってなかったのでした。またこのことを県やICカード会社にお客様がおっしゃっても特に問題提起はされていませんでした。

が・・・ストップしている認証画面のまま、5分ほど経過すると、突然認証が通ったのでした!

要は、ポリシー設定が多かったため、その事前チェックにやたら時間がかかっていただけでした。
必要のない機関名を多数削除しますと、5分だったのが2分で通るようになりました。

今後は、1)か2)のいずれかから認証を通って、その反対をやりたいときは、一度ブラウザを落とすか、キャッシュを削除してやりますと、ちゃんとそれぞれ通るようになります。

ということで一件落着!


posted by kuwata at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子入札システム設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298842874

この記事へのトラックバック