2017年02月01日

CentOS導入記その4:Sambaインストールでファイルサーバー構築

次にファイルサーバーを構築します。今回はLAN内から誰でも読み書きできる共有フォルダの設定。

今回はこのページを参考にしました。https://orebibou.com/2014/12/centos7%E3%81%ABsamba%E3%82%92%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB/

1.Sambaのインストール
  コンソールからこれを打ちます。
  yum install samba samba-client samba-common -y

2.Sambaの初期設定
  /etc/samba/smb.confを編集します。
  次のように変更または追記しました。
[global]
workgroup = WORKGROUP
server string = Samba Server %v
netbios name = centos7
security = user
map to guest = bad user
dns proxy = no

[Share]
#共有させるフォルダ
path = /samba/share/
#マイネットワークに表示させるか否か
browsable =yes
#書き込み可能かどうか
writable = yes
#ゲストユーザのログインが可能かどうか
guest ok = yes
#読込みのみとするか
read only = no

3.共有フォルダの作成とアクセス権設定
 コンソールからこれを打ちました。
mkdir -p /samba/share
chmod -R 0777 /samba/share
chown -R nobody:nobody /samba/share

4.Sambaの再起動
 コンソールからこれを打ちます。
systemctl enable smb.service
systemctl enable nmb.service
systemctl restart smb.service
systemctl restart nmb.service

5.firewalldの設定
 コンソールからこれを打って、Firewalldの設定を行います。
firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=samba
firewall-cmd --reload

6.Windowsマシンからのアクセス
WORKGROUPがWORKGROUPであるマシンから共有フォルダへのアクセスができるようになりました。
\\centos7\Share




posted by kuwata at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446532960

この記事へのトラックバック