2017年06月17日

(Windows8以降)スリープなし、スクリーンセーバーなしにしているのに、短時間でスリープになる場合

今回の事象とは、電源設定のすべてでスリープなしにし、スクリーンセーバーなしにしているにも関わらず、なぜか2分程度で勝手にスリープになって困っているというもの。世の中では以前からWindows8以降で発生はしていたらしい。今回はWindows10PCだった。これがまた別のユーザープロファイルにしても発生するそうな。調べたところ、このケースの原因で多いのは、表に出ていない設定項目「システム無人スリープタイムアウト」だという。デフォルトではこれが2分になっているので、おおよそ2分で勝手にスリープになってしまうらしい。
これを回避するには、以下のように対処する。
・レジストリエディタで、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\238C9FA8-0AAD-41ED-83F4-97BE242C8F20\7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0
の中のAttributesを2に変更する。
・すると、詳細な電源設定のスリープ項目の中に元々表示されていなかった「システム無人スリープタイムアウト」が出てくるので、ここで2分を例えば60分とかに変更する。
これで解決する。
「システム無人スリープタイムアウト」は、本来、夜中などに人が触っていないとき、タスクスケジューラ起動でWindowsがスリープから自動的に復帰したあと、人間が操作しなくても2分でまたスリープに戻すというものなので、無人環境での動作後、立ち上げっぱなしにしないようにするための設定。
だからユーザーから操作されないようにしているそうな。
今回の不具合は人間が操作している状況でこれが発動し始めたというもの。


posted by kuwata at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450948676

この記事へのトラックバック