2012年11月18日

ソニーの電子書籍リーダー PRS-T2

Kindle Paperwhiteもポチってしまっているが、家族内でかちあいそうなので、もうひとつ電子書籍リーダーを購入しておくことにした。同じものにしても何なので、前から気になっていた「SONY PRS-T2」をケーズで購入。ファーストインプレッションは以下の通り。

533556_468716616508024_1532309952_n.jpg

◎ 軽い!とにかく軽い!165g。軽めの文庫本と同じくらいか。電子書籍リーダーの最重要なスペックは軽さではないかと思わせる。(kindle paperwhiteは213g)

◎ Evernote連携機能が超便利!Evernoteへの出力もあるが、やはりEvernote上のノートをダウンロードできるのがいい!軽いのでどこでもゆっくり読める。Facebook連携機能もあり、一部引用してコメントを出力なんてできるが、これはおまけみたいなものか。

× 内蔵ライトがない!Kindle Paperwhiteと違い、内蔵ライトがないので、暗闇の中では読めない。寝室で寝ながらと思っていたが、ちょっと照明をつけとかんといけないということにあとで気づいて愕然。

× Sony Readerstoreでの本代が高い!というかたぶんリアル書籍と同じ値段。Amazon kindleストアの方がちょっと安い。紀伊国屋書店Webや楽天ブックからも購入できるらしいがまだのぞいてない。

× Sony Readerstoreでの本探しが難しい!嫌がらせかと思うくらい。

こんな感じ。一長一短ありますね。


posted by kuwata at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

電子書籍は読みやすいか

最近、つとに感じることなんだけど、単行本以上であれば問題ないんだが、新書サイズ以下だと、老眼に乱視が混じる我が目ではもう辛くて読めない本が多くなってきている。印字よりも背景の白が浮き立ってきて、読んでられない感じ・・・うまく表現できない感覚だな。
ということで、「非破壊自炊」というやつをやってみた。新書サイズの本の見開きを一眼レフでひたすら撮影していくだけの原始的方法。複数のJPGをひとつのPDFファイルに変換して、Kindleパーソナルドキュメントサービスへ送る(専用メールアドレスへ送付)。ほんで、Kindle for iPadで読んでみるとあら不思議。こんな目でも読みやすくなった。これは思うに、背景の輝度をちょうどいい具合に調整できるからではないだろうか・・・という仮説。

Kindle専用端末買おうかなあ・・・。





posted by kuwata at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

iBooks形式またはPDF形式の電子書籍を作ってみました。

Apple提供のフリーソフトiBooks Authorを使って、iPadで読める電子書籍を作ってみました。写真集です。以下のリンクから無料でダウンロードできますので、ご興味のある方はご覧下さい。

http://www.ipad-zine.com/b/1410/

またPDF形式のものは、以下からダウンロードできます。

http://pcnandemo.la.coocan.jp/download/inbawinter.pdf

ただし、iBooks Authorを使うには、MacOSX Lionの入ったマックが必要となります。
私はMac miniで作成しました。



posted by kuwata at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする