2017年01月29日

CentOS導入記その1:運用環境づくりスタート!

Windows8.1を導入しているCorei7マシン(64bit、8GBメモリー)に、CentOSをインストールして、デュアルブート体制で運用できるようにするプロジェクトの開始です。

まずは第一段階として、ネットワーク環境の整備を行いました。

1.プライベートIPアドレスの固定化
  ・当該マシンのIPアドレスを固定にします。具体的には、有線接続環境なので、Win8.1上で設定。
   ネットワークと共有センター − イーサネット − プロパティ −インターネットプロトコルヴァージョン4
   これをダブルクリックして、固定のプライベートIPアドレス(192.168.0.x)とサブネットマスク(255.255.255.0)、そしてデフォルトゲートウェイや優先DNSサーバーを設定しました。
   その後、念のために再起動をしました。

2.ポート(ルーター)の開放
  ・次にポートの開放を行います。
    HTTP:80  SMTP:25  POP3:110  IMAP4:143 FTP:20〜21  DNS:53(TCP/UDP)
    HTTPS:443  SMTPS:465  POP3S:995  IMAP4S:993 Submission:587
  ・ルータのポートマッピング設定−NATエントリにおいて、上記のポート番号を開放していきました。

3.ドメインの取得
  ・無料のドメインを取得します。→MyDNS.jp
・ダイナミックDNSでのサーバー名を取得しました。

4.DiCEの設定
  ・DiCEをインストールし、動的にIPアドレスとダイナミックDNSを紐づけするように設定しました。

posted by kuwata at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

HDDクローンでマシン移行をする際の注意点

従来の使用環境を一切変えずに、マシン本体だけ移行したい。
そんなニーズがあります。
クローン自体は専用の器具等あるので、なんなく終わりますが(500GBあたり1時間半くらい)、マザーボードが変わると、移行先でwindows起動時にリブートが発生し、
「0xc000025」
などのエラーメッセージが出ることがあります。

そんなときは、
1)移行する以前のマシンに一度つないで起動
2)regedit→HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services→(以下のエントリーのstartを3→0にする
Amdide.sys
Atapi.sys
Ataport.sys
Cmdide.sys
Intelide.sys
Msahci.sys
Pciide.sys
Pciidex.sys
Viaide.sys
3)移行先へつないで起動
4)Windowsの再認証
という手順が必要になります。
もちろん、各種ドライバのインストールも必要となります。

参考→http://saiut.com/windows/change_motherboar/
posted by kuwata at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

【WordPress−不動産プラグイン】物件情報管理項目のカスタマイズ−(例)用途地域−についての備忘録

不動産プラグインで、物件情報を管理画面から登録しますが、その際に表示される項目(プルダウン)をカスタマイズしたい場合にどこを編集すればいいかについて、ちょっと光明が見えてきました。メモを残します。ただしこれで不具合が発生しないか未検証ですので、参考にはなさらないでください(自己責任でお願いします)。

1)従来の項目名を変更する場合
以下のPHPファイルの該当する項目名を変更するだけです。

fudo-functions.php
admin_phpex.php
inc-single-fudo.php

2)項目名を追加(増やす)場合
以下のPHPファイルの該当する項目名を追加し、IDNoを新たに発番し、それで以下のファイルすべてでそのIDで統合します。

fudo-functions.php
admin_phpex.php
inc-single-fudo.php

以上
posted by kuwata at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産プラグイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする