2015年03月16日

0X00000051 エラー発生!

白井市のお客様

 業務用のデスクトップPCが使えなくなったとのことで、業務継続に支障がありますので、当日すぐに訪問しました。

<症状>

・Windows7起動まではできるが、起動後10秒以内に、突如黒画面に白字でエラーメッセージが出る。
・エラーメッセージには「0X00000051」と表示されている。
・再起動となるが、最後繰り返す。

<調査内容>

・1週間近く前から発生するようになった。
・今日はずっともうこの状態なので仕事ができない。
・0X00000051はレジストリーエラーであり、レジストリーの破損によるものが多い。
・破損する前に戻ればよい。

<対応>
・システムの復元で半月前に戻りました。
・症状が発生しなくなりました。レジストリーが元に戻ったと思われます。

そして、ついでに依頼されたiPhoneのテザリング設定とノートPCとの接続設定も行いました。
外出中に仕事を継続したいからという理由でした。

ならばということで、リモートソフトのTeamviewerの導入も提案しました。これを導入すれば
事務所のデスクトップPCを直接外出先からノートPCを通じて操作できるので、あたかも
事務所にいるのと同じように仕事を継続できます。
前からそれはやってみたかったのだけど、やり方が分からなかったのでちょうど良い。
やってくれとのことでしたので、早速導入し、お喜びいただきました。

これでちょうど1時間作業となりましたので、出張料3,000円+1時間作業費6,000円=9,000円を
いただきまして、退出しました。
posted by kuwata at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

Windows10 テクニカルプレビューテスト続報。

Windows10 technical Preview実験。
USB接続のブラザー複合機も、無線接続のCanon複合機も接続でき、印刷まで出来た。Win8用のドライバーで動かしている。マケスピ関係もTeamviewerもOK。
Chromeは問題なくブラウズできるが、IE11だと必ずスクリプトエラーが最初に出る。

10945764_859827697396912_7768919099641668934_o.jpg
posted by kuwata at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows10テクニカルプレビュー日本語版のテストを始めました。

ここからWindows10テクニカルプレビュー日本語版もダウンロードできるらしいので、古いVista機に導入してみて、検証機として再利用することにしました。
https://insider.windows.com/

SOファイルのダウンロードは30分ほどで終わり、インストール作業も35分くらいで完了しました。
マシンのスペックは
Intel Core2Duo P8600@2.4GHz
メモリ4GB
32bit
これでVista起動していたときは、何をやってももっさりして閉口していたものです。
で、今回Windows10テクニカルプレビューを入れてみたわけですが、爆速ではもちろんないけども、まあまあ使えるくらいのスピード(もとからWindows Defenderは動いているようなので、いちおうセキュリティソフトが動いている状態で)と感じます。

これなら古いマシンの再生に、Windows10が使える可能性があるかも!ですね。価格がいくらになるかはまだわかんないけど、結構な安値になりそうですしね(win7や8からは1年限定で無料アップグレードの噂も。Vista機だと対象外だけど、無料に近い価格になるのではと期待)

とりあえずスタートメニューと、ストアアプリがデスクトップ上で展開され、複数同時利用できるところまで確認できました。特徴的なのは、以下の仮想デスクトップでしょうか。

仮想.jpg
posted by kuwata at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | PC全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする