2012年10月31日

Windows8へのアップグレード(Win7機より)

業務上、ある程度習熟しておくことが必要になるので、メイン機のWindows7をWindows8にアップグレードすることにした。microsoft.comからのダウンロードで3,300円なり。win7からであれば個人データ、windows設定、アプリともすべて移行できるらしいので、やってみた。(Vistaからはアプリが×、xpSP3からはwin設定、アプリとも×らしい)
途中、目を離してたらたらやってたので、2時間ほどかかった。
一部、以下のような問題があった。

・なぜかitunesがうまく移行できなくて、アンインストールののち、再インストールする必要があった。

・一部アプリの設定がえらい昔に戻ってる(楽天証券のMarketSpeedだが)。

・Canonのip4600がWindows8に対応していないため、プリンタ一覧から削除されていた。

・地デジ内蔵チューナーが使えなくなった。

利用上は、これで地デジさえ見なければ問題はない。プリンタは別のやつに変えることとした。

ただ・・・評価版をVista機にクリーンインストールしたときは、パフォーマンスがぐっと上がって、非常に快適に使えたのに、win7からのアップグレードではなぜか重たい!!!

重くなるのはかなわん。ということで、PCリフレッシュ機能というやつで、いったんアプリとwin設定を消してクリーンインストール状態にしてみたところ、スピードはまあまあくらいにはなった。

それからアプリを戻し、設定を戻し、で結局半日かかっちゃった。

最終的に、スタート画面のタイルをいつも使うアプリで整理し、種々のシステム機能を呼び出す場所を覚えたら、まあそこそこ使えないでもないかなという感じになってきた。

それから、スタート画面のメールだのPeopleだのフォトだのといったタイルをどう使おうか検討していたが、「メール」と「スケジュール」と「People」は、Googleで登録しているものを連携させることとし、「フォト」のみFacebookのものと連携させることにした。これらのタイルをクリックすると、画面全体に大きなフォントで表示されるので、目の悪くなった自分にはちょっとだけうれしかった。また、FBで投稿していた写真が時系列で画面全体にスクロールできるようになるのも、ちょっといい感じ。タイルがライブになっていて、最新メールの件名や新しいニュース、天気の状況などが、スタート画面で一望できるようになった。これもいいね。

こういった設定が、Microsoftアカウントによって、デスクトップのみならず、SurfaceやWindows Phoneからも何もせんでもそのまんま使えるということなら、「ちょっと便利かな?」と思わないでもない。

ちゅうか、それって、iCloudを介した、iMac→iPad→iPhoneの世界 ですやん!

Microsoftの狙いは、既存のデスクトップやノートでWin8に慣れさせて、Skydriveを通じて、そのままSurfaceやWindows Phoneへとつなげていき、モバイルのシェアを取っていきたいということか。
posted by kuwata at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PCシステム設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

ちば電子調達システムにおける「電子入札システム」と「入札情報システム」

市原市のお客様

今回は初めてご要望をいただいた市原市の法人様です。ちば電子調達システムの「電子入札システム」には入れますが、「入札情報システム」における添付書類のダウンロード認証で引っかかるそうです。

APPLET-CRITICAL-00103804-19999

というエラーメッセージが表示されます。

事前に、お客様ご自身で県のサポート窓口やICカード発行会社のサポート窓口に連絡して相談したところ、「Javaのメモリ不足エラー」ではないか?という回答で、ネットで調べた対応方法をとってみたけれど、ダメだったとのことでした。

訪問して実地に調べてみると、なるほどこのエラーが出てきます。
これが出るパターンは、
1)さきに「電子入札システム」で認証しておく
2)その次に「入札情報システム」でダウンロード時の認証をする
というタイミングで発生してみるものでした。

Javaコンソールを表示するようにし、Javaが発生させているエラーメッセージをつぶさに確認すると、メモリ不足という内容ではなく、さきにJavaがwebサービスにアクセスしているのに、さらに二重にアクセスしようとしているのでNGだよというものでした。

これは1)→2)の順番に問題があるということですね。つまり1)で認証をすでにとっていること自体が2)で引っかかる要因になっていると。

ということで、さきに2)から入ってみます。このケースでは、認証画面がストップしてしまうように見えました。実は事前にお客様自身もこれをやってみてはいらっしゃったのですが、ストップしてしまうので、それ以上やってなかったのでした。またこのことを県やICカード会社にお客様がおっしゃっても特に問題提起はされていませんでした。

が・・・ストップしている認証画面のまま、5分ほど経過すると、突然認証が通ったのでした!

要は、ポリシー設定が多かったため、その事前チェックにやたら時間がかかっていただけでした。
必要のない機関名を多数削除しますと、5分だったのが2分で通るようになりました。

今後は、1)か2)のいずれかから認証を通って、その反対をやりたいときは、一度ブラウザを落とすか、キャッシュを削除してやりますと、ちゃんとそれぞれ通るようになります。

ということで一件落着!
posted by kuwata at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子入札システム設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

iPhone5 無線ルータの設定によってはwifi接続が不安定?

八街市のお客様

お客様のところで作業してたら、本件とは別に、ゲットしたiPhone5でちょっと悩みがあるというので、いっしょに調べることにした。
iPhone5入手と同時にBuffaloの最新無線ルータも購入して、wifi環境をより快適にして楽しもうと思っていたら、その最新無線ルータとやらを導入して以降、前より電波強度が弱く、しかもiPhone視聴中にしばしば停止してしまうということだった。
自分のHTC android端末でも接続し、同じ動画を見てみたら、たしかにiPhone5の方だけストリーミングデータの受信が間に合わず、途中で停止する。HTCは全然問題なし。
これはなんだろうとぐぐってみると、Appleのサポート掲示板でも同じようなことが言われている。曰く「WPA2-AESだと接続できなくなる、または極端に遅くなることがある。TKIPにすれば問題なく接続できた。4や4Sではいずれでも問題なし」という記載がある。
Buffaloのその新しいルータでは、TKIPのみのモードがなく、AES/TKIP混在モードがあったので、そちらに切り替えてみてやり直し。ほんのちょっと良くなったが、大差はなし。本件、どれくらい発生しているんでしょうかね〜。アップデータは出るんでしょうか。
ちなみに、もうひとつお客さんがもってたFONルータにiPhone5をwifi接続してみたら、とても快適でした。
posted by kuwata at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする